金庫の鍵紛失をしたなら業者に解錠作業を依頼しよう

長い間金庫を利用していると鍵紛失が発生したり、鍵が壊れて開かなくなってしまったりすることがあります。こうしたトラブルが発生してしまうと金庫の中身が取り出せなくなってしまい、今後の日常生活に悪影響が生じてしまう可能性が高いです。

素人が無理に開けるのは良くない

南京錠

一般家庭向けに販売されている金庫は法人向けの金庫に比べて簡単な構造になっていますが、素人が開錠を試みると金庫が破損してしまう危険性が高いです。金庫が壊れてしまうと金庫を開錠することが余計に難しくなり、金庫を開けるのに時間がかかってしまいます。鍵開けを取り扱っている業者は高い専門技術を持っており、なるべく金庫を壊さずに鍵を開けることが可能です。金庫が開かなくなった場合は、業者の方に相談しましょう。

鍵紛失したら新しく作成してもらおう

鍵

鍵紛失によって金庫を開けることができなくなっても、鍵の専門家に依頼を行なえば合鍵を作成してもらうことができます。きちんと鍵を複製することができれば、無理に鍵をこじ開けることなく金庫を開けることが可能です。金庫を破壊して鍵を開けると金庫を使用することができなくなり、新しい金庫を買うために多額の資金を準備しなければなりません。鍵紛失時にあまり無駄な資金を浪費したくない場合は、業者の方に鍵の開錠を依頼するのが最適です。

金庫の鍵開けについてQ&A

初めて業者の方に鍵紛失をして鍵開けを依頼する際はまずよくある質問をチェックし、鍵開けに関する情報を事前に調べておきましょう。

金庫の鍵開けにかかる時間はどのくらいですか?
家庭用の金庫であれば30分程で開錠することができます。しかし金庫のタイプによって、作業時間は変動することが多いです。
その日で鍵を開けてもらうことは可能ですか?
金庫の種類によっては数日程時間を頂くこともありますが、ほとんどの場合は依頼した当日に開錠することが可能です。

金庫の鍵の種類は豊富

一昔前まで家庭用金庫はダイヤルタイプなどを採用していましたが、現在ではさまざまなタイプの金庫が登場しています。

それぞれの鍵の特徴

ダイヤルタイプ
古い年式の家庭用金庫はほとんどがダイヤルタイプを使用されており、故障する可能性が少ないためこのタイプの金庫は現在でもよく利用されています。番号は製造時に決められていますが、一部の金庫は自分で番号を変更することが可能です。
シリンダータイプ
玄関扉などの場所でも利用されているタイプの鍵であり、シンプルな作りであるため長期間使用していても故障することはほとんどありません。しかし鍵を紛失してしまうことが多いので、利用する際は鍵紛失に注意する必要があります。
テンキータイプ(プッシュ式)
それぞれの好みに合わせて自由に暗証番号を設定したい方には、テンキータイプの金庫が適しています。暗証番号を簡単に変更することができるため、遺産相続などによって利用者が変わっても引き続き金庫を使用することができます。
ICチップカードタイプ
ICチップカードタイプの金庫は、ICチップが内蔵されたカードを利用して鍵の解除を行なう仕組みの金庫です。スマートフォンや携帯電話をかざすことでロックが解除できるため、現在では多数の方がこのタイプの金庫を利用しています。
生体認証システムタイプ
生体認証システムを導入した金庫は、登録者の顔や指紋を認識して鍵の解除を行なうことができます。暗証番号を覚える必要もなく鍵を紛失してしまう心配もありませんが、購入するには多額の資金を準備しなければなりません。
TOPボタン